ライティングの意味とは? メディア&ライターはパートナー

ライティングにはどんな意味があるの?

ライティングの言葉の意味は?

メディア運営者&ライター&Googleにとってのライティングの意味とは?

メディア運営者からすれば、どんな記事を書けばいいのか、どんなライターが必要なのか? 分かりにくいことがあります。そこでどんなライティングが求められるのか、その意味をお話しします。

ライターの立場からすると、ライターとしてどんな方向性を目指せばいいのか?悩むこともありますよね。そんなときライティングの役割や意味ついてどう考えればいいのか方向性をアドバイス。

メディア運営者とライターはパートナー。メディアのPVを増やしたり、価値あるコンテンツを作りましょう!

ライティングの意味は書くこと

ライティングの意味とWebライティングやSEOライティングの違いについてまとめました。

ライティングの意味

「ライティング」の言葉の意味は筆記&書くことを意味します。

今までは新聞や雑誌などに記事を書く人をライターと言っていました。取材ライター、記事ライターなどがその例です。

現在ではネットの普及から書くことの媒体がWebメディアに移っています。そのためライティングとは、Webメディアに記事を書くことや従来の紙媒体の記事を書くことを総称します。

書く人をライター、書くことをライティングと言います。

ライティングの意味
  • Webメディアに記事を書くこと
  • 従来の紙媒体の記事に記事を書くこと

WebライティングとSEOライティング

WebメディアにライティングするWebライティングをSEOライティングという言い方があります。SEOライティングとはWebライティングにおいて、googleなどの検索エンジンで上位表示するように記事を書くことを言います。

SEOライティングの基本的なやり方については以下の記事を参考にして下さいね。

ライティングとは?やり方や稼ぎ方はこれでバッチリ♪

Webライティングが必要になった背景

Webライティングの需要が高まった背景には、ネット環境の進歩があります。それではネットが私たちの生活の中にどのように普及していったのか1990年代のパソコンの普及時からみてみましょう。

1990年代パソコンの普及

パソコンが普及し始めたのは1990年代です。私は1990年代後半に会社に入社しましたが一人一台パソコンがあるのは当たり前で、内勤の会社員は一日中パソコンに向かって仕事をするようになりました。

パソコンによって、欲しい情報を取ることが容易になったことを実感しました。旅行に行くときや趣味の教室を探すときはネットで検索して、ネット登場前には出会えなかった人や場所に行くことができるようになり行動範囲が広がりました。

当時は携帯が普及していました。携帯でメールを送るのはとても手軽で楽しかったです。携帯でもネットをみることはできたのですが、なんせ画面が小さすぎて、電車の乗り換えくらいしか使用していませんでした。

2000年代ブロードバンド回線

2000年代は今までより速度の速い回線が普及し始めました。光ファイバーやADSLなどです。

自宅にパソコンを所有し、月額性のネット代金を支払いました。さまざまなサイトや、画像、動画を楽しむようになったのはこのころではないでしょうか?

実際、私も会社から帰ってから自宅のノートパソコンで、動画視聴に夢中になりました。自分が子供のころに見ていたアニメの動画がユーチューブにアップされていて、アニメを見るのに夢中になりました。

当時は、昔のドラマやアニメをコピーして?動画配信することに対する規約?のようなものが厳しくなく、無料で多くのドラマやアニメの配信を無料で見ることができました(^^;。

2010年代スマホの普及

しばらくして登場したのがスマホの登場です。スマホの登場で、パソコンと同じ画面がスマホで携帯して常に調べることが可能になりました。

今若い子の多くがパソコンよりスマホで検索するようですね。でも私は仕事柄パソコンの前に坐っていることが多いのでスマホで調べるよりパソコンで調べる方が多いです。

2020年代5G登場

2020年代はまだ始まったばかり。特徴としては5Gの登場です。5Gとは第5世代通信システムでありファイブジーともいいう高速大容量の回線です。

スマホの普及で、snsも発達していきました。今では巣ごもり需要が長引いたのもあり動画の需要も伸びてきているようです。パソコンやスマホを利用しても、サイト検索、画像、動画などの検索量が当たり前のことになりました。

以上のような背景から、Webサイトを運営するに当たり、適切なライティングができるライティングの意味の重要性が増してきました。ライターの仕事の需要も増えてきたのです。

ライティングの意味や価値

メディア運営者、ライター、googleの立場からライティングの意味や価値を考えてみました。

メディア運営者にとってのライティングの意味

メディア運営者にとってのライティングの意味は、メディアのPVを上げるためや価値あるコンテンツを作るためです。

PVを上げるため

メディアにとってのライティングの意味は、単純にサイトのPVを上げるためです。PVを上げることで自社が宣伝され商品が売れることになります。

そのためSEOに強いライターに外注して、KW選定して、PVを稼ぎ収益を得ます。専門分野の人材が必要な場合は専門分野に強いライターを選びます。

価値あるコンテンツを作る

メディアには、そのサイトにしかないカラーがあります。例えば企業メディアであれば、自社の製品は、きっとその競合会社の中ではきらりと光る何かがあるはずです。

自社の他にはない商品の魅力やカラーを伝えるサイト作りが大切です。

ネット上にある内容を書き集めてリライトしたような記事では、それなりに集客はできるのかもしれませんが、他サイトにすぐ真似されれしまう恐れがあります。

ライターさんと手を組んで、是非より良いコンテンツSEOを作成してください。キット他の人にはないサイト、きらりと光るサイト、引き込まれるサイトが出来るはずです。なぜならGoogleは独自コンテンツを高く評価するからです。

Googleにとってのライティングの意味

Googleにとってのライティングの意味を見てみましょう。Googleの検索アルゴリズムは何を目指しているのかもう一度ここでおさらいをしておきます。

完璧な検索エンジン

以下がGoogleの使命です。

「完璧な検索エンジンとは、ユーザーの意図を正確に把握し、ユーザーのニーズにぴったり一致する答えを返すものである」

 

Googleはこの使命を目指して、日々アルゴリズムの改変を行い、よりユーザーが検索しやすい検索結果を目指しているのです。

GoogleにとってのライティングとはコンテンツSEOの事を言います。コンテンツとはサイトの情報や中身を言います。Googleは「ユーザーの意図を正確に把握し、ニーズにピッタリと返すエンジン」に合うコンテンツを高く評価します。

ライターにとってのライティングの意味

ライターにとってのライティングの意味は、以下のものがあります。

PVを上げるため

実際にはライターの仕事をしてお金を得ます。ライターの仕事はライティグをして納品してそれで終わりです。しかしメディア運営者はその記事で何を目指しているのでしょうか?

そうですPVを上げるためです。なぜPVを挙げたいのでしょうか?そうです、そのメディアで最終的にお金を得るためです。

ライターの仕事をしていると、特に得意分野のない雑記ライターはとある悩みにぶつかります。それは自分の書いている記事に余り意味を感じないことです。

雑記なので、別に得分野でもなんでもないですし、ただ与えられたKWに対して記事を書いているだけ。既にある情報をあつめてまとめて自分の言葉で言い換えて、それにどんな意味があるのか? 悩むことがあります。

でもそれは答えがあります。その記事自体の存在に何らかの意味や価値が無くっても、PVを稼ぐためにその記事の意味があるのです。上位表示すれば客が集まります。PVが集まります。そうすればメディアは収入を上げることができます。それが使命です。

価値あるコンテンツを作る

「自分のライティングしている記事が何か意味があるとも思えない。」そう思った時期があります。でもお金になるからいいやと割り切っていました。

より価値のあるコンテンツとは何か?他には書けないオリジナルのコンテンツとは何か?

ライターとしての働き方や存在意義に悩んだ方は以下2つの選択肢があると思います。

  • 専門分野のライターを目指す
  • オリジナルコンテンツを目指す

ライターとして専門分野を持つと、対象分野の知見が深まりライターとしての仕事に自信が持ててきます。

もしくはオリジナルコンテンツを目指すメディア運営者と仕事をしたり契約したりするのです。

一番自分のオリジナルの記事が書けるのは自分のサイトです。私で言えばこのサイトも自分の好きなように何でも書けるサイトです。

KWという枠組みの中で、自分にしかできない発信、有益情報、悩み情報、体験などをコンテンツに盛り込んでみてください。

お金を得るため

ライターで働く意味とは単純にお金になるからというものです。

  • 会社を辞めたくて在宅で働きたいから
  • 副業に最適だから
  • 文章を書くのが好きだから
  • 得意分野があってライティングの仕事が稼げるって聞いたから

実際に、私がライターの仕事を始めたのは、在宅でパソコンで稼げるから、文章を書くのが好きだから、お金になるからでした。

しかしライターの仕事を続けていると、もっと良いライターになりたいという願望が出てくるのです。その場合、ライターの意味や価値に疑問を感じることもあるでしょう。

そんなときは、ライターという仕事がメディアのPVアップに貢献しているんだ。企業の収益に貢献するために記事を書いているんだということを意識してみてください。

それでも足りなければ、専門分野ライターを目指すか、オリジナルな記事を書くことができるライターを目指すことでライティングの意味や価値を高めることができると思います。

ライティングスキルがアップしてPVアップ

私がライターとして働きながらメディア運営者と話していてよく出てくるセリフが「良いライターとはどんなライターなのか分からない」ということです。

確かに私も今のこの仕事をしていなければ良いライターの意味や基準なんて分からなかったと思います。ライティングスキルとは以下の3点を示すと思います。

SEOライティングができる

SEOライティングを理解していていることです。

「SEOライティングができます!」というのは、SEOライティングについて本やネットなどで意味を学び、上位表示を目指す記事を書きますということを言っています。

ただこれはスキルを保証するものでは全くアリマセン。ただ目指すと言っているので誰でも目指すことがができるからです。

SEOライティングをより理解しているということは、

  • SEOライティングの意味を本などでよく勉強している
  • 自分でサイトを運営していている
  • 書いた記事の順位を調べる&順位の検証
  • その結果からまたリライトしてより上位表示を狙う

などの経験が豊富なことです。

専門分野のライティングができる

専門分野の知識と経験があることです。いわゆる専門分野のライターです。必ずしも必須では無いですがメディアの内容がやはり経験者が欲しい場合は必須です。

SEOライティングが得意というよりかは、専門分野のライティングができるので重宝されるともいえるでしょう。

オリジナル記事を書くことができる

ライティングは、既にネット上にある情報を参考に記事を書くことだけでも上位表示は可能なことも多いです。

しかし他サイトには負けない記事を書くためには、オリジナルの記事で勝負する必要があります。自社にしかないオリジナルコンテンツを目指しましょう。

自社サイトの分野に詳しくなくても、企業とライターが協力することで、オリジナル記事を書くことは可能ではないでしょうか? その方がライターもメディア側も楽しいはずです。

更に上を目指しオリジナルのコンテンツを作ってみませんか それが評価されて適切な順位がつきサイト全体のPVが上がり、順位が決定されることになるのです。

おすすめの記事