ライティングとは?やり方や稼ぎ方はこれでバッチリ♪

ライティングとはどんなお仕事? ライティングの基本的なやり方とは? 稼げるって聞いたけど本当? 稼げるとしたらどれくらい稼げるの? 仕事を得る方法は?

ライティングで稼げると聞いたけど、周りにやっている人もいないし、ライティングとはどのような仕事なのかイメージ湧かないですよね。

ライティングの仕事とはネットが全世代に普及した時代にあっても余り世間では一般的な仕事であると認識されていないです。

そこでライティングとは? 基本的なやり方や稼ぐ方法、稼げる金額、仕事を得る方法などお教えします。ライティングの仕事は、スキルアップ次第で収入を上げることができる仕事です!

ライティングとはWebメディアや紙媒体のライティングのこと

ライティングとは、新聞や雑誌などの紙媒体のライティングと、Webメディアのライティングがあります。Webライティングで検索エンジンに最適化させてより上位表示させる書き方をSEOライティングといいます。

Webメディアと紙媒体のライティング

ライティングとは、日本語に直訳すると筆記、書くことを指します。

ネットが登場する前まではライティングの仕事とは紙媒体の仕事、新聞や雑誌などの記事を書くことを指していました。

今では、新聞や雑誌などのライティングだけでなく、Webメディアのライティングの記事の需要が多くなりました。新聞や雑誌、Webメディアに記事を書くことを総称してライティングとを言います。

  • Webメディアに記事を書くこと
  • 従来の紙媒体の記事やWebメディアを含めた記事を書くこと

SEOライティング

Webライティングの中でも、記事がWeb上で検索エンジンに強い記事を書くことをSEOライティングと呼びます。

SEOとは、Search Engine Optimization(サーチエンジンオプティマイゼーション)の略で、日本語に訳すと検索エンジン最適化になります。

Web上の検索はGoogleとYahooで9割以上を占めます。YahooはGoogleの検索エンジンを採用しているのでGoogleの検索エンジンで評価されて上位表示させるよう対策する必要があります。

検索エンジンで上位表示できるように記事にSEO対策をすることを検索エンジン最適化と言います。

ライティングの基本的なやり方

検索エンジンで上位表示できるように記事にSEO対策をして、検索エンジン最適化をするための基本的なSEOライティングのやり方をご紹介します。

序論・本論・結論の3部構成で書く

 

ポイント
序論・本論・結論の3部構成で書く

Webライティングには基本的なライティングの型があります。ライティングの型とは、序論・本論・結論の3部構成で作成することです。

KWを設定する

 

ポイント
1記事1キーワードを設定する

補足:1記事1キーワードがルールですが、同じ検索意図のKWがある場合はそれらのKWを含めて記事を書きます。

例えばこの記事では「ライティングとは」を記事のKWに設定しています。

ライティングの仕事では記事のKWは依頼者が既に決めているケースが大半です。

記事のKW設定は、サイト全体の設計やカテゴリ毎のKW設定、ボリューム調査、競合調査などが必要になるためWebディレクションを担当している人が作成しています。

そのためライティング初心者はKW設定は行わないケースが大半です。

検索意図を明確にしてニーズの解消を目指す

 

ポイント
  • 検索意図を明確にする
  • ニーズの解消を目指す

Web上の検索はGoogleの検索エンジンのアルゴリズムで評価され順位付けされています。Googleは検索エンジンでどのような検索を目指しているのでしょうか?

何を基準にアルゴリズムの評価基準を決めているのでしょうか? Googleの公式サイトからその答えを探ってみました。

「完璧な検索エンジンとは、ユーザーの意図を正確に把握し、ユーザーのニーズにぴったり一致する答えを返すものである」
実はこれがGoogleの目標です!!

 

SEOライティングを始めると、

  • SEOライティングとは何か?
  • 今の書き方は正しいのか?
  • 依頼者によって言っていることがマチマチで良く分からない・・・
  • ネット上でも多くの人がいろんなことを言っていて何が正しいのか分からない・・・

と悩むことになります。。そのときはGoogleが目指す検索エンジンとは何か?に立ち返ってください。

Googleは検索エンジンでその目標を達成するためにGoogleアルゴリズムをより検索ニーズに沿うように最適化しているのです。

構成を作る

ポイント
見出しの構成を作る
検索意図をより深堀して見出しの構成を作ります。

「ライティングとは」をKWに設定した場合の検索意図とはなんでしょうか?以下3つを調べユーザーの検索意図を調べます。

  • サジェストキーワードを参考にする
  • 既に上位表示している記事を参考にする
  • 掲示板やSNSなどを参考にする

サジェストキーワードを参考にする

サジェストキーワードとは日本語に訳すと提案キーワードのことです。このサジェストキーワードはGoogleが過去の統計から、あなたが知りたいことはこれではないですか?と提案してきています。

サジェストキーワードには検索ユーザーの検索意図の答えが入っているのです。

上位表示している記事を参考にする

「ライティングとは」のキーワードで検索した検索結果画面が、Googleの検索アルゴリズムで評価した最適解になります。

上位表示している記事を参考に見出しの構成を作成します。

掲示板やSNS

ユーザーは分からないことがあったのでネットで検索します。検索で調べることができなかったことを掲示板やsnsなどで質問する場合が多いです。

掲示板やSNSはネット上の記事にはまだ掲載されていない検索ニーズを調べることができます。

マインドマップで整理する

構成を作るときはマインドマップで構成を作ると便利です。ユーザーが読みやすいように構成の順番を並べ替えたり、見出しを追加したりできます。

ライティング

ポイント
構成に従ってライティング!

さあ!! 見出しの構成ができたら記事の8割の準備ができています。あとは構成に従ってライティングします。

ライティングのスキルアップには、クラウドワークスが運営するWEBライティングコースがおすすめです。

ライティングとは稼げる仕事

皆さんは、ライティングで、副収入を稼ぐことが目標でしょうか?それとも本業の仕事にすることが目標でしょうか?

ライティングの仕事で稼げるのか?生活できるのか?実際の私の経験からまとめましたので参考にして下さいね。

ライティングの収入の計算は以下の数式で表すことができます。

文字単価×文字数=記事単価

副業ライティング

ライティングとは副業でも稼ぐことは可能です。ライティングの文字単価は1円未満のものから10円くらいまでと幅広いです。専門性があると文字単価を高くすることが可能です。

専門性が高いライターになるのは多少ハードルが高いです。そのため専門性が無い人が副業ライティングでどのくらい稼ぐことができるか計算してみました。

  • 記事依頼内容:文字単価1円を3,000文字で1記事
  • 記事単価:文字単価1円×3,000文字=3,000円
  • 掛かった時間:3時間
  • 時給換算:時給1,000円となります。
専門性が無い人でも時給1,000円程度なら在宅で収益を得ることが可能なことが分かるかと思います。
仮に
  • 月30時間ライティングに充てられるのならば?⇒月3万円の副収入
  • 月60時間ライティングに充てられるのであれば?⇒月6万円の副収入

が可能になります。

本業ライティング

ライティングとは本業で一本で稼ぐことも可能です。本業になればライティングに掛ける時間も増えるので副業と比較してもその分稼ぐことが可能です。

専門性のない人がライティングを本業で行った場合の収入について計算してみました。

  • 文字単価:1円
  • 1時間当たりの文字数:1,000文字
  • 時給:1,000円
  • 1日8時間稼働:1,000円/時間×8時間=8,000円
  • 月20日稼働:8,000円/日×20日=16万円
月16万円というのは、一般の新入社員よりは低い収入になります。しかし、時給を上げることでライティグ収入を上げていくことができます。

時給を上げる3つの方法

ライティングの時給を上げる方法は以下3つあります。

  • 文字単価を上げる
  • 1時間当たりのこなせる文字数を増やす
  • 労働時間を延ばす

文字単価を上げる

ライティングの収入を上げるもっともよい方法は文字単価を上げることです。文字単価を上げるには、文字単価を高く発注してくれる依頼元を探して契約します。全ての契約の文字単価が1.5倍になれば当然収入も1.5倍になります。

仮に
文字単価1円、1時間当たり1,000文字、時給単価1,000、月160時間働いた場合
1,000円/時間×8時間×160時間=16万円⇒文字単価が1.5円になれば、単純に収益が1.5倍になります。
16万円×1.5=24万円
SEOライティングで何でも書きます!!という雑記ライターだと、文字単価を上げることが難しいようです。しかし専門分野のライターになるとより簡単に文字単価を上げることが可能です。

1時間当たりのこなせる文字数を増やす

1時間にライティング可能な文字数を増やします。

仮に
文字単価1円、1時間当たり1,000文字、時給単価1,000、月160時間働いた場合
1,000円/時間×8時間×160時間=16万円

⇒1時間当たり1,500文字ライティングすれば、単純に収益が1.5倍になります。
16万円×1.5=24万円

労働時間を延ばす

労働時間を延ばせば収益を上げることができます。1日8時間と言わず10時間働く、休日も働くことで収益を上げることが可能です。

仮に
文字単価1円、1時間当たり1,000文字、時給単価1,000、月160時間働いた場合
1,000円/時間×8時間×160時間=16万円

1日8時間労働だと月160時間労働になります。週20時間、月80時間労働時間を増やせば単純に収益が1.5倍になります。

16万円×1.5=24万円
フリーラーターの年収はどれくらいが目安にしたらいいのか?どの位夢があるのかはこちらの記事を参考にしてね。

仕事を得る3つの方法

ライティングの仕事を得る3つの方法をご紹介します。

クラウドソーシングに応募

ライティング初心者が仕事を得るのに一番簡単な方法がクラウドソーシングに登録してライティング案件に応募することです。

クラウドソーシングとはネット上で企業や個人が仕事の契約をする方法です。ライティング初心者が仕事を得やすいのは以下2つになります。

他にも複数のクラウドソーシングがありますが、一定の経験が必要な仕事が多いです。

メディアに応募

クラウドソーシングでライティングを経験したら、ネット上のメディアに応募するのも良い方法です。調べ物をしていて偶然見つけたメディア、趣味でよく読んでいたメディアでライターの募集をしていることがあります。

SNSでもメディアのライター募集の宣伝が流れていることはよくありますので、チェックしておきましょう。

Webマーケティングと提携

Webマーケティングとは、企業のサイトの作成やマーケティングを請け負っている企業です。そのため企業から受けたライティングの仕事を外部のライターに外注しているケースがよくあります。

ネットで検索するか求人サイトで調べてみましょう。

まとめ

ライティングとは紙媒体やWebに記事を書くことを言います。

Webライティングで記事を上位表示させるのは検索エンジン最適化をしたSEOライティングで記事を書きます。

SEOライティング
  • 序論・本論・結論の3部構成で書く
  • KWを設定する
  • 検索意図を明確にしてニーズの解消を目指す
  • 構成を作る
  • ライティング

ライティングの仕事とは今後も需要が高まると予想され、副業でも本業でも稼ぐことが可能です。経験を積むことで収益を上げることができます。

SEOライティングが上達するには以下2つが必須です。

  • 数をこなす
  • ライティングと検証を繰り返す

SEOライティングは繰り返し数をこなすことでより良い記事が書けるようになります。

またライティングした後記事の順位を調べて、どの様にGoogleの検索アルゴリズムで評価されてどの程度の順位が付いたかを調べてより順位が上がるようにリライトして検証することで、SEOライティングとは何か?を学ぶことができます。

そのためには自分のブログを持つ必要があります。早速サーバーを契約して自分のブログを立ち上げてみましょう。



おすすめの記事