フリーランスはどんな1日なのか?

フリーランスはどのような1日を過ごしているのでしょうか?

「フリーランスになれば、1日の労働時間を減らして余暇を充実してるに違いないわ」

「いや、朝から晩まで狂ったように働いてるに違いないわ」

「フリーランスの悩みって何?解決策は?」

Webライター&アフィリエイターとして在宅で働くスリーランスとしての私の1日をご紹介します。

フリーランスの1日のスケジュール

私は現在、Webライター&アフィリエイターのフリーランスとして在宅で働いています。

20代都内のごく普通のOLとして働きながら、いつか在宅でフリーランスとして働きたい♪という夢を叶えたフリーランスの1日をご紹介しちゃいます。

07:30~08:00 起床&朝ごはん
08:00~09:00 朝の散歩&お茶

朝は7時半に起床してゆっくり朝ごはんを食べます。

会社員のように通勤が無いので、時間に追われながら朝食を食べたり、猛スピードで着替えたり、駅まで走ったり、階段を駆け上がったり、ということは必要ありません!

朝から時間に追われて精神的、肉体的に疲れることはありません。

朝食後は毎朝散歩に出掛けます。

在宅フリーランスは通勤をしなくて良いというメリットありますが、実は慢性的な運動不足に陥っています。太るし健康にも悪そうなため毎朝の散歩は欠かせません。

朝の散歩が終わったら、仕事部屋のお気に入りのソファで日本茶をゆっくり飲んで一息つきます。

ゆきえ
今日も普通の一日が始まるわ♪

日中

09:00~12:00 仕事
12:00~13:00 お昼休憩
13:00~18:00 仕事

9時~18時まで一般の会社員と同じように働きます。

前日の夜に決めておいた今日1日のスケジュールを確認します。

現在フリーランスとして働いている方は毎日のスケジュールをどのように管理していますか?

私は毎日のスケジュールをスプレッドシートで管理しています。しかしそのスケジュールはパソコンのスプレッドシートを開けないと分かりません。

会社ではよく部署ごとに行動予定表がオフラインで共有されていることと思います。

そのためパソコンを開かなくても確認できるオフラインの行動予定表を使うと、すぐに目に入り忘れないので便利です。


 

私はこのような電子メモを使用しています。私が購入したのは8.5インチでしたが、ちょっと小さいと感じたのでもう少し大きめがおすすめです。

その後、メールチェックをして必要であればメールの返信も行います。

本日のフリーランスの仕事は、Webディレクターを担当している企業の記事を書く予定でした。

しかしライティングを始めてみると、色々と確認する必要が出てきたので問い合わせのメールを送りました。

回答が来るまで急遽、今日1日は自分のサイトの記事を書くことになりました。

お昼は毎日簡単なもの、ラーメンや焼きそば、サンドイッチなどを料理して食べています。気が向けば10分程度散歩に出ることもあります。

午後の部の仕事を始めます。3時ころにはお菓子やお茶を準備してのんびり働きます。

アフター5

18:00~19:00 夕飯
19:00~21:00 仕事、雑務、読書など
21:00~22:00 動画など
22:00~23:00 お風呂
23:00~24:00 日記などを書く
24:00~ 寝る

1日の仕事が終わって18時には夕飯を食べます。

夜は、趣味の本を読んだり、資格取得の準備をしたり、案件探しをしたり、読書をしたりしています。

仕事でどうしてもやらなくてはいけないことがあれば夜も働くこともあります。

21:00~は完全の遊びの時間で、ニュース系や趣味に関する動画を1時間程見ています。

その後お風呂に入って日記を書きます。


 

私はwebライター&アフィリエイターで働いているので、毎日朝から晩までパソコンとにらめっこして働いています。

そのため、日記はアナログの手書きの日記を書いています。ご紹介したアピカのノートは一般のノートより高いですが、紙の素材がつるつるしておりちょっと高級感があり日記などにおすすです。

一日の疲れを癒すには音楽が効果がありますよね。

アマゾンプライムがおすすめ。夜であれば、夜カフェ系の音楽なんかもおすすめ。

勿論、昼間仕事をしながら音楽を掛けることもあります。私の場合は仕事の午前中に、ホテルに流れる音楽を掛けるのがお気に入りです。

フリーランスの休日

フリーランスは自由に休める?

ゆきえ
フリーランスになったら、1日5時間位の労働で働くのだワ♪

 

会社でも週休2日、労働時間は1日8時間でも、フルに働いているわけではないと思います。

そのため在宅フリーランスになれば無駄な時間を減らして1日の労働時間を5時間位で働けるのではないか?と夢見ていました。

しかーーし!!実際はそれはなかなか難しいのが現実でした。。

フリーランスの仕事は、まさにゼロからの積み重ねです。確かに継続すればそのような短時間労働で収益を得ることは可能でしょう。しかしそのような勤務体系は、ある程度の積み重ねの先にある働き方なのです!!

不安で休めない

最初は全くお金を稼げないのが現実ですし、少しづつ稼げるようになっても、安定して稼げるまでは、やはり最小限の休みで継続して働く必要があるのです。

また休んでいても、心から休めるということが激減します。

例えば会社員であれば、会社を離れれば会社のことなんてすぐに忘れてしまいますよね。休日に会社のことなんて思い出すことは無いかと思います。

しかし、フリーランスは始終仕事のことが頭から離れません。

別に休んでもやることがないなら、働いて少しでもお金にした方がいいのではないか?と考えてしまいます。

また現在や将来のために時間があるのなら少しでもスキルアップや勉強のために時間を使わないではいられなくなるのです。ある意味強迫観念でしょうか?

仕事探しに時間が掛かる

また最初の頃は仕事を探すのに時間が取られます。

私はwebライターやwebディレクションの仕事をしていますが、向こうから仕事がやってくることは無く、自分で仕事を探す必要があります。

休みは週1

現在、私の休みは週1です。

最初は、一般的な休日を休みにしていましたが、せっかくのフリーランスなんだから、出掛けるところが空いている平日を休みにしたいと思い金曜日を休みにしています。

働く場所

フリーランスは、企業に所属しない分、働く場所を自由に選べます。

例えば私が仕事としているライティングやディレクションであれば、必ずしも在宅という働き方だけではなく、企業の在駐で期間限定で働く仕事も豊富です。

在宅であっても、コアワーキングスペースや、憧れのカフェで働くこともできますよね。

会社員当初は、カフェなどでパソコンを持って働くことに憧れていました。

しかし現状、この企業在中やコアワーキングで働いたりカフェで働くという夢は実現できていません。

理由は、私が住んでいる地域上、車が無いと移動ができないのですが車が無いからです。

会社員とフリーランスの違い

会社員とフリーランスでは、1日のスケジュールではほとんど違いがありません。

会社員と同じように朝起きて同じように昼間働いています。

会社員とフリーランスの1日の違いは下記のとおりです。

通勤がない

会社員であれば通勤は往復3時間くらいかかってしまいます。

フリーランスは、通勤に追われることによる精神的な疲れ、肉体的な疲れがありません。

会社に着いた頃には1日のエネルギーを通勤で使い切ってしまいすでに疲れて帰りたいモードということもありません。

朝のスタートがイイということは1日を良い気分で過ごせる基本になります。

人間関係に疲れない

会社には、疲れる上司、めんどくさい同僚が必ず存在します。しかしそのような自分にとってマイナスな人間関係と付き合う必要は無くなります。

他人にいちいちケチを付けられることもないので心はすこぶる快適です。

単調ではない

会社では単純労働で頭を使わない仕事です。

しかし、現在のwebライターやwebディレクターの仕事は、少なくとも文章を考えたりサイト全体について考えたりと試行錯誤が必要です。

収入に上限はない

会社では、やってもやんなくても給与が同じでした。成果主義とはいうけれど、仕事能力と給与は完全に比例するわけでもなく、特に若いときはほどんんど差がありません。頑張ったから上がるという単純な物でもないでしょう。

しかしフリーランスは、今思うように稼げていなくても、時間を掛けて適切な方向へスキルアップしていけば必ず収入を上げることができます。現状を起点として必ず収益アップができるのです。

フリーランスの悩み

フリーランスの人の悩みは主に2つであると思います。1つは収入、もう一つは孤独の問題ではないでしょうか?

収入

フリーランスの悩みのメインは収入です。多くの方がフリーランスに憧れますが、会社の看板失くして自分のスキルだけで収入を得ることができるのか不安に思い怖くて踏みとどまるのではないでしょうか?

私もフリーランスになって収入が得られるか?が非常に不安でした。

フリーランスと言っても、さまざまな分野がありますし、その分野にどのくらいの知識や経験があるのかは人それぞれなので、その人がフリーランスで収入を得ていくことができるのかは一概には言えません。

ただ会社員のように毎月の収入、休んでも有給扱い、週休2日、ボーナス、退職金、厚生年金などは一切なくなります。

正直言って正社員のそのような待遇をうらやましいと思うときもあります。

あ~、有給取って家族で遊びに行けていいな、私なんて1日休んだら1日収入がありません。できるだけ休みを少なくして、収入を得たいと考えてしまうのです。

また年金は厚生年金から国民年金になり受給額が減ります。また退職金がないという現実から、老後の分も稼がなくてはいけないという面もあります。

ただフリーランスは退職がないのでみなが退職した後も仕事を続けるので収入を維持できる面もあります。

孤独

フリーランスの悩みで大きいのは、孤独の問題ではないでしょうか?

フリーランスと言っても、様々な職種がありますし、個々の性格も異なります。

しかーーし!!ことweb関連になると在宅で仕事ができてしまう分孤独を感じることも多くなるのではないでしょうか?

まぁ本音を言ってしまえばweb関連の仕事を在宅ですることを選ぶ人間というのは、人づきあいが苦手、社会性が無い人が多いというのが相場なのです。。

そこで私が行っている孤独の解決方法をご紹介します。

月並みですが、ツイッターです。ツイッターの140文字で伝えることのできる情報量には限りがあります。しかし、同じような仕事をしている人の存在を感じることができます。

取引先とのコミュニケーションです。ライターであれば企業と何度もメールのやり取りや時にオンラインでの取引をする必要があります。直接会うわけではないけれど、雑談くらいは可能なので楽しみながら働くことができます。

まとめ

Webライター&アフィリエイターとして在宅で働く私のフリーランスの、

1:フリーランスの1日

2:会社員とフリーランスの違い

3:フリーランスの悩み

について紹介しました。

フリーランスと言っても、会社で働くのと同じようなタイムスケジュールで働いている人が大半だと思います。

フリーランスになって少ない時間で高い収入を得ることを夢見る人が多いと思いますが、そのような時給を稼げる立場になるにはやはりスキルアップが必要です。

私もいつかもっと短時間労働で稼げる立場になりたいと思い日々スキルアップしています!!

おすすめの記事