コラムとは?Web記事の受注と発注方法

Webメディアの記事を「コラム記事」と表すことがあります。「コラム記事とは個人的な見解が含まれている記事のこと」を指します。

  • コラム記事はの書き方とは?
  • コラム記事を受けるライターの仕事をゲットする方法
  • 企業サイトのコラム記事発注の方法

をまとめました。

コラムとは何か?

Webメディアのライティングの記事の依頼を受ける場合

コラム記事をお願いします!

と言われることがあります。

ライターさん
は?コラム記事?

コラム記事って具体的にはどのような記事を指すのかすまとめたので参考にして下さいね。

コラムとはライターの分析や意見が反映されている記事のこと

まずは「コラム」についてコトバンクで調べてみました。

新聞・報道雑誌・ニュースサイトなどに掲載される、ニュース以外の記事。つまり、個人的な分析・意見が含まれている記事で、評論やエッセイの他、人生相談コーナーや「オススメ○○」などといったものも含まれる。コラムの執筆者を、コラムニスト(columnist) という。

コトバンクより
 コラムとは?新聞やサイトのライターの分析や意見が反映されている記事のことを指します。

新聞のコラム

新聞や雑誌には毎日多くのニュースが掲載されており、それらはニュース記事と言われています。

新聞や雑誌にはニュース記事以外にも、例えば定期的に記者などの論評が掲載されています。この論評記事をコラム記事といいます。

国内の大手3大新聞では以下がコラム記事に該当します。

  • 朝日新聞であれば天声人語
  • 読売新聞であれば編集手帳
  • 毎日新聞であれば余禄

Webのコラム

Webサイトのコラム記事とはどのような記事を指すのでしょうか?

発注者
コラム記事をお願いします!

発注者の言うコラム記事とは「キーワードや構成に従って、あなたの知識や経験からコラム記事を書いて欲しい」という意味で依頼しています。

企業サイトにも商品紹介や集客のためにコラム記事を掲載します。企業はコラム記事によりより幅広く集客し企業の宣伝を行っています。

コラム・エッセイ・論文の違いとは

コラム以外にも記事の種類を指す言葉には複数の言い回しがあります。コラムとエッセイ、論文の違いをまとめました。

エッセーとは随筆のこと

「エッセイ」とは日本語では随筆のことを指します。

随筆とは、文学における一形式で、筆者の体験や読書などから得た知識をもとに、それに対する感想・思索・思想をまとめた散文である。随想、エッセイ、エッセーなどともいう。

エッセイとは?
随筆で有名なのは、中学で習った「徒然草」が有名です。

つれづれなるまゝに、日くらし硯に向かひて、心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書き付くれば、あやしうこそ物狂ほしけれ。

訳:やることがなくて手持無沙汰なため机に向かって心に移るさまざまなことを書いていると妙におかしな気分になってくる。

と言ったような意味になります。

随筆とは現代でいう日記や感想文といった意味になり、Webの世界ではブログと言い換えることもできます。

論文とは学術的なテーマついて論じた文章のこと

コラムと論文では何が違うのでしょうか?

論文(ろんぶん、英: paper)とは、学問の研究成果などのあるテーマについて論理的な手法で書き記した文章。

論文とは
論文とはあくまで学術的なテーマにもとづいて論じた文章のことです。

Webライターが依頼を受けるのはコラム記事

 このようなことからライターが他のメディアのアフィリエイトサイトや企業のオウントメディアの記事を書く場合はコラム記事が依頼されます。
 ブロガーからブログの記事を依頼されることもあると思いますが、エッセイのような記事はそのブログ運営者でなくては書けないことも多いので依頼されることは余りないと思います。

コラム記事の書き方

コラム記事の書き方

コラム記事を書くには基本的な型があります。

1記事1テーマで書く

 コラム記事を書くとき1記事1テーマで書くことが鉄則です。

例えばこの記事は「コラムとは」という1つのテーマについて書かれています。

例えば、記事のテーマから外れた内容、もしくは完全に外れている訳ではないけれどテーマからずれた内容では、記事の内容が薄くなったり、まとまりのない飛び散ったような内容になってし

例)Webサイトの作り方や、SEO集客について、この前書いたコラム記事の話題などについて書いてしまう

記事を書くときは1記事1テーマでより内容を深めていく記事を書いていく必要があります。

ターゲットを明確にする

ターゲットを明確にします。ターゲットが広すぎると、内容がぼやけたような印象になり、誰にも刺さらない文章になります。

ターゲットが「あっ自分のこと言ってるな」と感じられるようなターゲットを限定したコラム記事を書きます。

例えばこの記事の「コラムとは」という内容で書いています。コラムとはというキーワードは結構広いキーワードになります。

私の経験で言うとコラムという言葉を知るようになったのは、サイト運営を始めて数年してからでした。コラムという言葉をそれまでも目にした聞いたりしたことがあったかもしれませんが、目にとめていませんでした。

そこで「コラムとは」の記事のターゲットは以下2つであると考えました。

  • これから記事を書き始めるライターさん
  • 企業サイトを運営し始めている企業の担当者

序論・本論・結論の3部構成で書く

コラム記事は序論・本論・結論の3部構成で書きます。

序論:導入文(これから○○について述べますというような導入部分)

本論:具体的に話を展開していく部分

結論:何を伝えたかったのかまとめる部分

序論・本論・結論の方に当てはめればスムーズにコラムを書くことができます。

ライターの仕事をゲットするには?

ではwebサイトでコラムの仕事をゲットするにはどうしたら良いのでしょうか?

SEOライティグを学ぶ

WebライターになるにはSEOライティグを学ぶ必要があります。SEOライティングとは記事がgoogl検索でより上位表示するために必要な知識やスキルのことです。

SEOライティングを学ぶことがWebライターになるスターにラインになります。

Webライターを学ぶには本を一冊読んでみる事をおすすめします。ネット上にも多くの情報がありますがネット上の情報は、断片的&些末的な情報にとどまり知識の全体像をつかみにくいと感じています。

ブログを運営する

SEOライティグの方法を頭で理解したら、まずはそのSEO知識を活かして、自分でブログを運営してみるのをおすすめします。

まだつたないSEOスキルでメディアのライターを引き受けることはかなり低単価な案件であれば可能ではあります。

しかしSEOスキルが全く分からない状態で記事の受注を受けると、異常に理不尽な案件に遭遇しやすいという面も大きいです。

そこでまずは自分のサイトで記事を書いてみて、ある程度慣れてからそのサイトをポートフォリをにして記事を受注します。

自身でサイト運営していれば、SEOを机上の空論だけでなく実践としてもよく理解していると思ってもらえますよ。

エックスサーバー

で自分のブログを運営する!

ライターとして記事を受注する

ライターとして記事を受注してみましょう。

まずはクラウドソーシングにアカウントを作成し応募してみる方法があります。クラウドソーシングにはライターの仕事が豊富にあります。

まだアカウントが無い場合は、評価を貯めるためにタスク案件から取り組んでみるのがおすすめです。

ライティングのアドバンテージを上げる方法

SEOライティングの型を理解して繰り返し練習すれば、どんな分野のコラム記事でもライティングが可能です。

また、特定の分野の知識があることや経験があることが大きなアドバンテージになります。

知識がある

特定の分野の知識があるとは以下のような場合です。

  • 資格の知識がある
  • 専門分野の知識がある
  • 趣味の分野の知識がある

例えば簿記の知識があれば会計事務所のコラム記事を受注できるでしょう。ファイナンシャルプランナーの資格があればお金に関するサイトのコラム記事を受注できます。

経験がある

特定の分野の経験があるというのも大きなアドバンテージです。

  • 転職経験が何度もある
  • 海外旅行の経験が何度もある
  • 経理の経験がある
  • ファイナンシャルプランナーとして働いた経験がある

例えば、ファイナンシャルプランナーの資格を持っていても経験がない場合は多くあります。その場合ファイナンシャルプランナーの資格と実際に働いた経験というのは大きなアドバンテージになります。

知識も経験もある

コラム記事を書くときは、何でも書きます!という雑記ライターでも仕事はあります。

しかし知識や経験のある人の書く記事は書けません。どうしても一般的に言われていることなどをまとめた記事になってしまいます。

もっとレベルアップするには、知識と経験を掛け合わせた分野を専門にすると単価をあげることができます。

企業サイトのコラムを発注したい

コラム記事の発注方法

企業の商品やサービスを紹介するサイトには商品やサービスを紹介する記事以外にも、関連する記事を多数掲載しPV数を高め集客しています。

企業サイトの商品やサービスを紹介する記事やそれ以外の記事も含めてコラム記事と呼ばれています。

企業のコラム記事を作成するにはKW選定~ライティングの過程があります。

  1. キーワード選定:サイト全体のキーワード選定を行う。サイトの軸キーワードを定め、関連する複合キーワードを選定。まとめたキーワードを種類別に分け(商標、ジャンル、お悩み、一般)、検索ボリュームやライバルの強弱を調べながら対策キーワードを選ぶ。
  2. 記事構成:選んだ対策キーワードからSEOに強い記事構成を作成。マインドマップを使用すると記事構成が作りやすい。
  3. ライティング:記事構成をもとにライティング。

    企業内にどの程度のSEOスキルがあるメンバーがいるかによって、どの程度外注するかが決まります。

    社内にSEOスキルがある

    社内にSEOスキルやサイト運営スキルがある場合は、

    • 社内で内製する
    • 記事代行サービスに依頼する
    • クラウドソーシングに依頼する

    などの方法があります。

    社内で内製する

    社内で記事を内製するのは外注費用が掛からない点はメリット大です。

    ただ記事を書くことは多くの時間とエネルギーを必要とするため、専任担当者が必要になります。

    ただしSEOに強い担当がいないにも関わらずコラム記事を内製すると、記事だけ書いて上位表示する記事が書けないことが多くあります。

    記事代行サービスに依頼する

    記事代行サービスに依頼する方法です。記事代行サービス自体に多くのライターが在籍しています。社内でできるSEO対策を行い、記事ライティングの部分だけを記事代行サービスに一括依頼することができます。

    クラウドソーシングで依頼する

    ネット上の個人とのマッチングサイトであるクラウドソーシングなどに依頼する方法です。

    どこまでを外注するのか自社で決めることができます。自分でワーカーを選ばないといけないという負担もあります。

    社内にSEOスキルが無い

    多くの場合社内にSEOスキルが無い場合が大半だと思います。その場合は以下の通りになります。

    • Webマーケに依頼する
    • エージェント経由で依頼する

    Webマーケに依頼する

    日本全国にあるWebマーケに依頼する方法です。企業サイトの全般(サイトディレクション、広告など)について外注し請け負ってくれます。費用は高い傾向にあります。

    エージェント経由で依頼する

    紹介料を払いエージェントに依頼するのも良い方法です。人材を自分で選ぶという負担が無いのがメリットです。

    エージェントの中でも総合エージェントよりWebマーケティングを専門に行っているエージェントの方が担当者もWebに詳しいのでよりベストな人材を提供してくれます。

    記事代行サービスに依頼する

    記事代行だけでなく、サイト全体のコンテンツマーケティングを行っている記事代行サービス会社もあります。

    クラウドソーシングで依頼する

    自社にSEOスキルが無い場合、採用する人材のSEOスキルを図ることができません。SEOやサイト運営経験を積むには多くの時間と経験が必要になります。

    そこでクラウドソーシングで探す場合は、

    のスキルを売るで探してみる方法もあります。

    まとめ

    コラムとは、コラム記事とは個人的な見解が含まれている記事のことを言います。

    Webサイトのコラム記事とは、アフィリエイトサイトや企業サイトなどの記事をコラム記事と呼んでいます。

    コラム記事の書き方は以下3つがポイントです。

    • 1記事1テーマで書くこと
    • ターゲットを明確にすること
    • 序論・本論・結論

    Webサイトでは検索で上位になるためのSEOライティングという書き方があります。是非SEOライティングを学んで検索上位を目指しましょう。

    企業サイトでコラム記事を作成して集客したい場合は、社内にSEOスキルがどの程度あるかによりどの程度外注するかが決まります。

    おすすめの記事